バラ色人生速報

バラ色人生速報は芸能・恋愛に関するニュースです。今話題のスレや画像まとめ、恋愛スレなど女子向けのさまざまなニュースを取り上げています。恋愛のテクニックなどもお届け!これであなたの人生もバラ色!

    カテゴリ: 話題

    yjimage0KBQGYM7

    ◆DeNA2―3巨人=延長10回=(21日・横浜)

     
    5年ぶりのリーグ優勝を決める打球が中前へ抜けた。延長10回2死一、三塁。Vの殊勲者は、元とび職人の増田

    大だ。三嶋の低めの直球をたたきつけて決勝タイムリー。今季、足で魅了してきた韋駄天(いだてん)が、この日は

    バットで決めた。「まさか自分がとは思わなかった。独立リーグ(四国IL徳島)にいた時は思い描いていなかったけ

    ど、切り開けたかな」と喜びを爆発させた。

    「【巨人】増田大...」の画像検索結果

     
    9回2死の土壇場で試合を振り出しに戻したのも、途中出場の小林だ。一、二塁で守護神・山崎を打ち砕いた。

    外角の148キロの直球を打ち返した打球は、前進する右翼手の前に弾んだ。二塁走者の重信がヘッドスライ

    ディングで同点のホームイン。延長戦へと持ち込んだ。小林は値千金の一打に「うれしいです」と控えめに喜ん

    だが、塁上では右拳を握り、鈴木外野守備走塁コーチと力強くハイタッチを交わした。


     
    今季を象徴する“全員野球”で勝ちきった。2点ビハインドの7回。攻めあぐねていた上茶谷を攻め、1死一、三塁

    とすると原監督は代打・阿部を打席へ。するとエスコバーの投球を戸柱が後逸。1点を返した。立て続けにゲ

    レーロ、石川を代打で起用。その後も選手を惜しみなく使い、最後に残った野手は山本のみ。まさに全員でつか

    みとった1勝となった。

    「【巨人】増田大...」の画像検索結果

     
    「みんなが泣いていたのでもらい泣きしそうになった。大の大人が泣くくらい最高のことなんだと実感した」と増田

    大。26歳の苦労人が、チームを歓喜の瞬間へと導いた。(河原崎 功治)

    yjimageWRMVSQ2U

    DeNA―巨人(21日、横浜スタジアム)

     
    2014年以来5年ぶりのリーグ優勝へマジック「2」として、勝てば優勝が決まる巨人は、プロ初登板となるドラフ

    ト6位ルーキーの戸郷翔征投手(19)=聖心ウルスラ学園高=が先発。両軍無得点の3回2死二塁で乙坂に2

    ランを浴びて先取点を許し、プロ初登板での優勝決定&プロ初勝利という快挙はならなかった。5回途中、4安

    打2失点で4三振だった。



    自己最速タイの154キロをマークするなど堂々たる投球を見せた戸郷。乙坂に浴びた一発を悔やみ「ホームラ

    ンを打たれた1球だけが悔いが残ります。三振もとれたし、いい緊張感の中で自分の投球も出来たと思います。

    あの1球だけが…」とコメントした。

    saitamajikenn

    埼玉県さいたま市見沼区の教員住宅で、この住宅に住む小学4年生、進藤遼佑くん(9)の遺体が見つかった事

    件。埼玉県警は9月19日、死体遺棄の容疑で、同居する父親で無職、進藤悠介容疑者(32)を逮捕した。住宅街

    を震撼させた事件は、家庭内の犯行という悲しい結末となった。

     
    悠介容疑者は調べに対し、19日になって遺棄について容疑を認め、殺害をほのめかす供述も始めているとい

    う。社会部記者が語る。


    「事件発生当初から、自宅周辺以外に警察官の出入りがほとんどなかったため、通り魔的な犯行ではなく、犯人

    は絞られている印象がありました。実際に県警は、18日の事件発生時に自宅に一人でいた父親の悠介容疑者

    に絞って捜査していて、あとは『いかに落とすか』という状態でした」

     
    悠介容疑者は母親の再婚相手だった。近隣住民によると、悠介容疑者を見かけるようになったのは、2年ほど

    前からだったという。遼佑くんの同級生の父親が明かす。

    「学校で父親が集まる『パパ会』など親の参加する学校のイベントでも、遼佑くんのお父さんを見かけることはあ

    りませんでした。地域の交流にもほとんど参加しておらず、父兄の間でも、一体何をやっている人なのか、と話し

    ていたくらいです」

    父親はふさぎ込むことも多かった

    「埼玉小学4年生...」の画像検索結果

     悠介容疑者と同居するまで、遼佑くんは、母親の手一つで育てられてきた。


    「母親は高校の養護教諭で、以前は年上の剣道が得意な教師と結婚していた。その2人の子供が遼佑くんで

    す。その後、埼玉県内に一戸建て住宅を購入して住んでいたものの、4、5年で離婚してしまった。以来、シング

    ルマザーで育ててきただけに、遼佑くんは根っからのお母さん子。母親が大好きでした」(母親の知人)

    しっかり者で、近所でも大きな声で挨拶をしていたという遼佑くん。進藤家と親しかった小学校の父兄は嘆く。


    「遼佑くんはイエス、ノーをしっかり言えて、自分の意見をはっきり発言できる子でした。同居していた父親はふさ

    ぎ込むことも多く、ほぼ家にいて、遼佑くんとは折り合いがよくなかったという話は父兄の間でも出ていました

    が……」

     
    県警は殺人容疑についても、悠介容疑者を追及する方針だ。

    台風17


    大型の台風17号は沖縄県を暴風域に巻き込みながら北上していて、沖縄・奄美では暴風や高波に警戒が必要

    です。台風や湿った空気の影響で九州南部などで局地的に雨雲が発達し、宮崎市付近では1時間に120ミリ以

    上の猛烈な雨が降ったとみられます。雨が強まっている地域では大雨にも警戒が必要です。

    強風で転倒し2人けが

    消防によりますと、20日午後5時すぎ、那覇市松尾で80代の女性が強風にあおられて転倒し、頭に軽いけがを

    したということです。

    また、21日午前8時すぎ、沖縄市大里で50代の男性が強風にあおられて転倒し、両足に痛みを訴えて病院に

    搬送されたということです。

    1457697_1378275762418190_2001533901_n

    進藤悠介容疑者ですが、情報番組『とくダネ』にて特集を組まれ紹介されており、番組内ではfacebookも紹介さ

    れていました。




    プロフィール

  • 名前:進藤 悠介(しんどう ゆうすけ)
  • 旧姓:長島悠介
  • 年齢:32歳
  • 出身:広島県呉市
  • 職業:無職

  • コチラが進藤悠介容疑者のfacebookです。


    アカウント名は母親と結婚する前の旧姓「長島悠介」となっています。



    結婚した日もfacebookに投稿されており、2019年3月1日となっていました。


    既に逮捕されているので届きはしないでしょうが、facebookのコメント欄はかなり荒れています。


    義理とは言え、自分の息子を殺したのですからしょうがないでしょう。

    また、学歴もfacebookに記載されていました。

    • 広島城北中学校
    • 広島城北高等学校
    • 東洋大学社会福祉科

    これを見る限りでは、高校までは広島県に居て大学進学を機に上京したと考えられます。


    広島城北高等学校の偏差値は62と高く、広島県内で7位の進学校です。


    高学歴ニートなんて言葉を最近聞くようになりましたが、悠介容疑者もそうだったのかもしれませんね。

    「埼玉小学4年生...」の画像検索結果

    職歴について

    現在は無職の悠介容疑者ですが、過去には働いていた事が分かっています。


    facebookには勤務先が「音楽関係」と記載されていました。


    音楽関係の会社員として働いていたのか、それともバンドマンだったのか、詳しいことは不明です。


    経歴を見ていくと元々は真面目だったのかと思われ、なぜ無職なのか気になりますね。


    どんな理由であれ、本当の父親じゃないと言われる覚悟もなく、子持ちの女性と結婚するなんて憤りを感じてし

    まいますね、、、


    このページのトップヘ