バラ色人生速報

バラ色人生速報は芸能・恋愛に関するニュースです。今話題のスレや画像まとめ、恋愛スレなど女子向けのさまざまなニュースを取り上げています。恋愛のテクニックなどもお届け!これであなたの人生もバラ色!

    カテゴリ:芸能 > タレント

    “道端3姉妹”の三女でモデルの道端アンジェリカ(33)の夫で飲食店経営者のキム・ジョンヒ容疑者(37)が3日、警視庁組織犯罪対策2課に逮捕された。逮捕容疑は恐喝で、道端の知人男性から現金35万円を脅し取った疑い。恐喝現場に道端も同席していたことから任意で事情聴取された。

     道端は2017年12月にキム容疑者と結婚し、18年7月に第1子の男児を出産。最近の「女性自身」(19年2月12日号)のインタビューでは〈“お母さんスイッチ”が入ったままだと、膣がぬれなくなってしまうみたいなんですね。それを防ぐために、オイルなどを使って潤し、定期的にオナニーもする〉と、日本ではあまり知られていない“膣ケア”にいそしんでいることも明かした。

    「恐らく、アンジェリカさんは、“総資産62億円”とも報じられた英国人F1レーサーのジェンソン・バトン氏と結婚し離婚した1歳年上の姉のジェシカさんの存在を意識しているのでしょう。セレブを演じようとしたことが今回の夫の逮捕につながった遠因ともいわれています」(関係者)

     芸能評論家の佐々木博之氏が言う。

    「かつて、アンジェリカさんと挨拶をする機会がありましたが、ざっくばらんな感じの方で、セレブという印象はあまりありませんでした。背伸びをして頑張ってきたことが誤った方向に進んでしまったのだとしたら、お気の毒にさえ思えてきます」

     本当に気の毒なのは1歳にして父が逮捕された息子かもしれない。puffer

    yjimage85NINAJX

    結局、ホラン千秋(30)の圧勝なのか。

     ホランのライバルといえば、フリーになって3年の元フジテレビ人気アナ、カトパンこと加藤綾子(34)。今年4月

    から鳴り物入りで古巣の夕方ニュース枠「Live News it!」(月~金曜午後4時50分)でMCを務めているが、半

    年経過してもなかなか浮上できずにいる。

    「夕方ニュース枠の視聴率戦争の切り札として投入されたわけですが、カトパンを見たい層はその時間帯にテレ

    ビを見られないということが、図らずも証明されてしまった格好です」(テレビ誌ライター)

     一方、「カトパンを撃退した」と株を上げているのが、2017年4月からTBS「Nスタ」(月~金曜午後3時49分)で

    サブMCを務めているホランだ。



    「民放キー局を全部落ちたホランと、元局アナエリートのカトパンの対決が今春から注目されていましたが、視聴

    率では大方の予想通り、ホランの圧勝でしたね」(前出のテレビ誌ライター)

     テレビコラムニストの亀井徳明氏は「この時間帯の視聴者はどんな話題をどう掘り下げるのかを見ていますか

    ら、MC対決とはナンセンス」としながらも、こう語る。

    「『Nスタ』のメインは局アナの井上貴博(35)で、ホランはあくまでもサブです。それでもホランがMCに見えてしま

    うのは、ショートカットにキリッとした顔立ちや、キビキビした立ち居振る舞いによるもの。カトパンとどっちがMC

    らしいか? と聞かれたら、ほとんどの人がホランと答えるでしょうね」

     確かにカトパンは、バラエティー番組でメインMCの横で進行役を務めるキレイどころ、というイメージをなかな

    か払拭できずにいるようだ。

     ホランは青山学院大文学部卒で、オレゴン州立大に留学経験もある才媛だが、キー局の女子アナにはなれ

    ず、売れない時代にスーパーのレジ打ちのアルバイト経験もある。

    「ホランの凄いところは、これだけ帯のニュース番組でMC的なことをソツなくこなしながら、他の番組ではモテな

    いキャラや、イジられ上手なところも違和感なく見せられること。全盛期のベッキーにも通じる、その場で求めら

    れることに即応できる能力の高さを感じます。カトパンには真似できないでしょう」(亀井徳明氏)

     写真誌フラッシュ電子版(3月16日付)によると、2018年度に最も稼いだ女性フリーアナはホラン(2億5500万

    円)だった。

    「夕方ニュースホ...」の画像検索結果

     「元TBSの田中みな実(32)が1億3000万円で7位と、差は歴然です。カトパンは1億3500万円で6位ですが、こ

    れには今春スタートの『it!』のギャラが含まれていない。19年度はホランを逆転してトップに躍り出るとみられて

    いますが、今のカトパンはギャラと数字が見合っているとは……」(広告代理店関係者)

     実績的には一歩も二歩もホランがリード、向かうところ敵なしで、「ホランとその周辺が恐れるのはスキャンダ

    ルだけ」(芸能ライター)のようだ。

    yjimageMVY9QZ2T

    “政界のプリンス”小泉進次郎衆院議員(38)とデキ婚を電撃発表したと思ったら、その進次郎氏が環境・原子力

    防災担当相で初入閣。与党・自民党の話題作りの感はなきにしもあらずだが、新妻のフリーアナ・滝川クリステ

    (41)には「大臣の妻」という肩書まで加わり、着実に“滝クリブランド”の価値を高めている。

     実は女子アナ好きだった進次郎氏の女性遍歴は最近こぞって報じられたが、滝川も負けていない。テレビで

    は、かつて「斜め45度の女神」なんて大層なあだ名がつくほど知的で清楚、落ち着いたイメージなのに、私生活

    は結構アクティブで交友範囲も広い。

    「2年前かな。誕生日会を船でやってました。佐藤浩市とかいろんな俳優さんやプロ野球の古田(敦也)さん、元

    フジテレビの木佐彩子アナとか30人ぐらい来てました」とはパーティー参加者。“生の滝クリ”は、だいぶ印象が

    違ったという。



    「体つきが分かるセクシーな格好で来てました。テレビで見るとスラッとしたイメージですけど、意外とボテッとして

    るんだなと思いました。あと背が高いイメージがあったんですけど、意外と背もホントちっちゃくて。サッパリした

    人ですが、お酒はホント好きそうで、よくしゃべってましたね」

     ただ当時は「小泉さんの気配も、政治家っぽい人がいたりというのも一切なかった」という。その代わり…。

    「船上パーティーの後は、特に親しい7?8人が滝クリさんの家へ移動して飲み直したそうなんですが、元カレの

    小澤さんが途中で来られたと聞きましたよ。なんでもその二次会は、みんなアフロのカツラをかぶって参加する

    のがお約束だったとか」

     世界的指揮者・小澤征爾氏(84)を父に持つイケメン俳優・小澤征悦(ゆきよし=45)と滝川の長い交際は、

    同棲を経て結婚秒読みともいわれたが、2015年3月に破局と報じられた。

     前述の誕生会クルーズ当時はとっくに別れていたことになるが、その年の夏ごろは、小澤が滝川のマンション

    へ通う様子が目撃されており、小澤から復縁を迫られていたと、滝川本人も週刊誌の直撃に明かしている。

     小澤以前も元ラグビー日本代表選手、サッカー日本代表監督のフランス人通訳など、男選びは常に上をいく

    滝川だったが、“人生すごろく”は政界きってのプリンス議員とゴールインとはさすが! また年齢を考えたら、小

    泉家のDNAを残すためデキ婚というのも賢明な選択だったに違いない。

     実はテレビと違う滝川に、進次郎氏も“ギャップ萌え”した

    o

    フジテレビ山崎夕貴アナウンサーが20日に同局系で放送された「ダウンタウンなう」(金曜、後9・55)に出演し、

    キングコング西野が女性と出会う方法を知って「最悪!」とつぶやいた。夫のおばたのお兄さんと同じだと指摘し

    た。

     番組には、キングコング西野がゲスト出演。西野が女性と出会う方法について話題になった。ダウンタウン松

    本が出会う方法について質問。西野は「最近はインスタです」と明かした。これに山崎アナが「うわあ、最悪!…

    最悪!」と大きな声ではないものの敏感に反応した。

     西野から理由を聞かれた山崎アナは「うちのダンナの浮気はインスタのダイレクトメッセージから」と明かして爆

    笑を誘った。山崎アナは「最悪ですよ」と繰り返した。西野が「そこは今の出会いですよ」と応じると、浜田雅功

    「ちょっと、どういうふうにやるの?」と食いついた。



     山崎アナは「ほんと良くない。連絡先交換してないのにだれとでもつながれる時代なんですよ。写真を見てか

    わいい子いれば、すぐにメッセージ送れる」と解説。松本が「ダンナがもうやってないって保証ない」とツッコむと、

    山崎アナは大きな声で笑い、「ダイレクトメッセージチェックしてると、ざわざわしちゃうんです」と、おばたのお兄さ

    んの行動が気になることを述べた。

    yjimageL1QTJJCT

    有吉弘行(45)が日本テレビ系の情報番組「ヒルナンデス」の金曜レギュラーを9月いっぱいで卒業することが20

    日の番組内で発表された。有吉が抱えている地上波レギュラーは現在12本。そのうち、「レディース有吉」(フジテ

    レビ系)と「超問クイズ!」(日本テレビ系)の2本が9月で終了することが明らかになっていた。

     一気にレギュラー番組3本を失う有吉について、“賞味期限切れ”を指摘する記事も散見されるが、本当にそうな

    のか。芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。



    「売れっ子で多忙を極める有吉さんにとって、今回の立て続けの番組打ち切りは“渡りに船”かもしれません。レギュ

    ラー12本のうち冠番組は9本ですが、それでも1週間7日よりも多いわけです。常軌を逸した働き方といえるでしょ

    う。そもそも、毒舌を交えながら、ゲストを本気で怒らせずに番組を盛り上げるのは相当なMC技術が必要です。そ

    れをこれまでやってのけていた方がすごい。賢い人だからこそ、抱えるレギュラーも吟味しながら、適正な数にダウ

    ンサイジングしようとしているのかもしれません」

     そもそも、レギュラーが膨れ上がったのも、有吉人気にあやかりたいテレビ局の魂胆があってこそ。それを見抜

    き、適切な距離を置こうとする有吉のタレント生命は長そうだ。

    「有吉弘行」の画像検索結果

    このページのトップヘ