バラ色人生速報

バラ色人生速報は芸能・恋愛に関するニュースです。今話題のスレや画像まとめ、恋愛スレなど女子向けのさまざまなニュースを取り上げています。恋愛のテクニックなどもお届け!これであなたの人生もバラ色!

    カテゴリ: 芸能

    yjimage

    未成年の少女に対する強制わいせつ容疑で昨年4月に書類送検(起訴猶予)され、表舞台から姿を消した「TO

    KIO
    」の元メンバー山口達也(47)の“復帰プラン”が明らかになった。衝撃の引退から1年4か月、山口は先月

    29日に発売された「女性セブン」のインタビューに登場し、TOKIO復帰を否定したが、ジャニーズ事務所の一部

    幹部は水面下で必死に動いているというのだ。なるべくハレーションを起こさないように、リーダー・城島茂(48)

    の晴れの日が“復帰舞台”に選ばれそうだ。

    先月、本紙は「TOKIO解散秒読み」と伝えた。山口が抜け音楽活動がゼロになったことで、長瀬智也の不満が

    爆発しているからだ。裏を返せば、山口が戻って再び音楽活動を再開すれば、長瀬の不満も収まり、業界に吹

    き荒れているTOKIO解散説も鎮火するだろう。

     とはいえ、山口の復帰へのハードルは限りなく高い。

     山口自身も女性セブンの直撃取材に「それは…ありません。芸能界に私の居場所はないですから」と断言して

    いるからだ。ところが急転直下!! ジャニーズの一部幹部は本気で復帰させようと動きだした。事情通がこう

    明かす。

    「実はここだけの話ですが、山口の復帰話は確実に、静かに水面下で進行し始めた。世間のリアクションをうか

    がいながら、時が来れば一気に山口を表舞台に出させるつもりです」

     なぜここまで山口にこだわるのか?


     「山口の復帰は、7月に亡くなったジャニー喜多川氏の“遺言”でもあるとの話です」と芸能プロ関係者。事務所

    創設者で社長だったジャニーさんは山口にとって人生の恩人だ。だからこそジャニーさんが復帰を望んでいたと

    なれば、山口も考えないわけにはいかない。

     すでにどのタイミングで、どういう場所で復帰するか、具体的な案まで挙がっている。それは、どんなに遅くても

    年内には入籍を発表する予定の城島の披露宴に参列するというものだ。

     現在、城島はグラドルの菊池梨沙(24)と交際中で結婚は既定路線。

     「2人の交際は2年以上になり、同棲生活を送っている。もはや付き合っていることを隠さなくなった。リーダーも

    あと2年で50歳になりますからね。いよいよ結婚ですよ。ファンも祝福一色だし、ジャニーズ事務所もGOサイン

    を出したそうです。山口を復帰させたい勢力は、その披露宴に呼んで、事件以来初めてTOKIOの5人が揃うと

    ころを見せようとしています」とテレビ局関係者。

     一度は大きな過ちを犯したとはいえ、披露宴という晴れの場に、青春時代をともに駆け抜けてきた仲間を呼ん

    でもバッシングは起こりづらいだろう。まずは非公式な場ながら、5人揃う“実績”を作り、その後の本格的復帰は

    山口が大活躍したあの番組だ。

    「日テレの『ザ!鉄腕!DASH!!』でのテレビ復帰が最有力。人気を誇った鉄腕DASHも、山口が抜けてから

    視聴率は低迷し、打ち切りがささやかれるほど。そこで山口を迎えて番組を存続させ、TOKIOを再ブレークさせ

    ようという計画です」(放送作家)

     1995年に始まった鉄腕DASHの歴史を語る上で、山口の存在は欠かせない。視聴者もそれは認めており、

    山口が登場する必然性があるからこそ、他の番組よりも出演しやすいはずだ。

     復帰すれば批判殺到間違いなしだが、それでも何とかして世間の逆風を弱めようと、復帰推進派は綿密な計

    画を立てているのだ。

    「山口は問題となったアルコール依存症の治療も受けている。大いに反省もしているようですし、復帰する機会

    を与えてもいいと思うのですが…」(芸能関係者)

    「女性セブン」の取材に対し、山口はこうも語っていた。

    「いつの日か、もう一度人前に出たいんです。やっぱり人に何かを訴えかける仕事がしたい」

     山口が言う「いつの日か」は、そう遠くないのかもしれない――。

    yjimageR6I59MQR

    8月に元交際相手のマンションに正当な理由なく立ち入ったとして住居侵入容疑で逮捕(後に不起訴処分)される

    騒動を起こした元タレント、坂口杏里さん(28)が19日、自身のツイッターを更新。「青汁王子」と呼ばれ、約1億

    8000万円を脱税したとして懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡された「メディアハーツ」

    (現ファビウス、東京)の前社長三崎優太氏(30)の100万円寄付企画に当選したこと明かした。

     
    坂口さんは三崎氏と札束をくわえたツーショット写真を公開。「三崎優太さんの生配信を見てたら、まさか電話が

    かかってきてビックリした笑。



    実は昨日、三崎優太さんにお会いして100万円を頂きました!!」

    と当選したことを報告。「YouTube撮影したので近日動画UPするので見て下さい!」と呼びかけた。

     
    三崎氏は6日、自身のツイッターで「僕が脱税したとされている【1億8000万円】を日本の未来のために贖罪寄付

    します。

    個人から一人につき100万円を180名様に現金で寄付します」と寄付を発表。坂口さんはこれに応募していた。

    yjimageVAY7G6PY


    吉本興業は18日、週刊誌『週刊文春』(文藝春秋)で、同社所属タレントの前科・前歴が報道された件について、日

    本弁護士連合会に対して、同社および当該タレントを申立人として「人権救済申立て」を行ったことを公式サイトを

    通じて報告した。 

    ああ
                                                                                                     『週刊文春』(2019年9月12日号)では、お笑いコンビ・EXIT兼近大樹(28)が、過去に売春防止法違反の疑

    いで逮捕されていたことなどを報じており、吉本興業は今月5日、公式サイトで報道に対して抗議をするとともに

    「法的措置についても検討」しているなどと伝えていた。

     きょう18日に更新されたサイトでは「人権救済申立てにつきまして」としたエントリーで「この度、株式会社文藝

    春秋が発行する雑誌『週刊文春』において弊社所属タレントの前科・前歴が報道された件に関し、日本弁護士連

    合会に対して、弊社及び当該タレントを申立人として人権救済申立てを行いました」と報告。

     続けて「ある者の前科・前歴に係る事実を実名で報道することは、プライバシー権・名誉権を著しく侵害する行

    為です。


    「吉本興業」の画像検索結果

    また、未成年の時点で犯した罪について実名で報道する行為は、少年法61条にも反するものと考えられます」と

    し「取引先各位におかれましては、前科・前歴に係る不当な報道が、現在新たな環境で更生して、一所懸命に努

    力している弊社所属タレントの基本的人権の重大な侵害にあたることをご理解いただいた上、その芸能活動に

    支障が出ることの無いよう、改めてお願い申し上げます」と呼びかけている。

    yjimage6320XPVY



    5月にアイドルグループ「NGT48」を卒業した山口真帆(23)が16日、フジテレビ系「ノンストップ!」に出演し

    た。

    女優転身後、初のテレビの仕事だが、内容はマカオの魅力を伝える女子旅ロケで、今もって女優としての出演

    はゼロ。

    本紙は所属事務所「研音」が山口の演技力にまだ合格点を与えていないことを報じたが、実はもっと深刻な問題

    が持ち上がっていた。

    「山口真帆」の画像検索結果


    他の芸能事務所やテレビ局から女優・山口真帆が“敬遠”されているというのだ。その理由は――。

     
    5月にグループを卒業して以来初めてとなるテレビ出演は、同局・久代萌美アナウンサー(29)との女子旅ロケ

    だった。

    「山口真帆」の画像検索結果

    旅番組は初めてだったようで「憧れでした。うれしいです」とノリノリで挑戦。IR施設(統合型リゾート)で、激しいア

    トラクションや食レポなどをこなした。

     番組内で女優転身を決めた理由について「私は周りに合わせる性格だったので自分がないなと思っていて、

    それが逆にお芝居だと誰かの役になりきったりするからすごく楽しくて」と明かした。

     
    また、豪華ホテルの部屋紹介の際に、久代アナに好きな男性のタイプを聞かれ「仕事熱心な人がいいです。

    頑張っている人がすごく好きで、自分に厳しく頑張っている人がいいです。

    (年齢は)上がいいです。包容力がある方がいいなって」と語る一幕も。

     年ごろの女子らしく、恋愛トークも大好きなようで「友達の恋話を聞くのも楽しい。でも、アドバイスできるほどの

    恋愛経験がないので。

    「山口真帆」の画像検索結果

    (なので聞くのが主で)自分もうれしくなっちゃいます、のろけ話を聞いてて」と笑顔も見せた。


    5月25日に主役級の俳優&女優が多数所属する大手芸能事務所「研音」に移籍してからもうすぐ4か月がたつ

    山口。

    女優転身後、初の写真集を発売、ラジオにも出演し、初のテレビもこなした。表面上は順調なスタートのようだ

    が、「女優」という肩書で紹介されているものの、演技の仕事はいまだゼロという不思議な状況が続いている。

     
    本紙は実力主義が徹底される研音から、演技力に合格点が得られていない現状を報じたが、その陰で、より深

    刻な事情があった。



    「山口は、事件や一連のNGT騒動でネット上では完全に“悲劇のヒロイン”扱い。彼女に対して少しでも否定的な

    意見を示す人物が、猛バッシングを浴びる状況が続いている。

    ドラマで山口と共演する立場からすれば、これは非常に怖い。山口が出演したドラマがコケたら、『山口は悪くな

    い。お前のせいだ!』などと、共演者に批判の矛先が向かう可能性が高い。他の事務所が山口との共演に二の

    足を踏んでいる」(テレビ局関係者)

    ドラマを制作するテレビ局サイドも同じだ。山口に対して、少しでも事件を連想させる物語や役柄などのオ

    ファーを出した際に「脚本が悪い!」「視聴率が取れればいいのか!」などと、テレビ局に抗議が殺到することを

    恐れているという。

    「山口が初出演するドラマが大きな話題になるのは間違いない。週刊誌などで、撮影中に『山口をいびった共演

    女優の〇〇』なんて報じられれば、その女優のイメージに大きな傷が付いてしまう。実際にそんなリスクを考えて

    『共演したくない』と、ハッキリと言っている女優もすでにいる」と衝撃的な舞台裏を明かすのは某芸能プロ関係者。

     
    何か起きればバッシングの標的にされそうな共演者やテレビ局にしてみれば、たまったものではない。山口は完

    全に“ハレ物”扱いされているのだ。
     
    こんな山口の初ドラマについては、研音所属で大先輩にあたる唐沢寿明主演の7月期のドラマ「ボイス 110緊

    急指令室」(日本テレビ系)への単発出演が一時期検討されたようだが、結局は見送られた。先の状況を考えれ

    ば、十分うなずける。

     
    一連の騒動で山口はツイッターなどのSNSを駆使し、運営サイドやメンバーへの批判を展開。ネット上で圧倒的

    な支持を得てきたが、それが他の事務所や共演者たちを恐怖に陥れ、結果、女優の仕事がなかなか決まらない

    のであれば、なんとも皮肉な話だ。

    20190918-00014132-bunshun-000-2-view
    「Aさんは『チューしよう』と言って、突然顔を近づけてきたんです。何度も拒んだのですが、顔を背けた瞬間に頬

    にキスされました。

    本当に気持ちが悪かったです」



    【写真】セクハラ中に友人に助けを求めたLINE

     記者の直撃取材に対して重い口を開いたのは、慶應義塾大学文学部1年生の濱松明日香さん(20)。実は濱

    松さんは慶大学内では“ちょっと知られた存在”だ。

     濱松さんは千葉県出身。
    豊島岡女子学園高等学校を卒業後、1年の浪人期間を経て今年、慶應義塾大学に入学。

    浪人生時代に友人がTikTokに投稿した濱松さんがダンスをしながら照れ笑いする何気ない動画が拡散され、

    同世代の間で大きな話題になった。

    その知名度も手伝って、11月25日に最終選考が行われる今年のミス慶應コンテストのファイナリストに選出。そ

    の際、彼女の氏名がTwitterのトレンドで1位に輝くなど話題となった。Twitterのフォロワーは現在8.5万人を超

    え、ミスコンのPRのために撮影されたわずか3秒の動画は230万回以上再生されている。

    “大人”が運営する前代未聞のミスコンで……


    「明日香は自分の意見をしっかりと言うタイプです。努力家で、夏休み中でも『今日は家で勉強する』という日もよ

    くありました。

    ミスコンが始まってからは、誹謗中傷やデマ情報が出回ることも多くて友人としては心配していますが、明日香

    は『気にしなければいい』と悩む様子を見せません。サバサバしているので冷たいと思われがちですが、家族を

    大切にしていて『旅行に行った』などとよく話してくれます」(友人の慶大生)

     しかし華やかな活動の裏で、「明日香はミスコン運営団体内でセクハラ被害を受けている」と友人B子さんが告

    発したのだ。

    セクハラをしたのはミスコンの「プロデューサー」


    「彼女は負けん気の強い子ですから。セクハラを受けても一時は笑って受け流そうとしていました。でもショック

    じゃないわけないですよね。

    ふとしたときに落ち込んでしまうようで、その姿を見ていたらどうしても許せなくて、お話しようと決めました。

     セクハラをしたのは『ミス慶應コンテスト運営委員会(以下、運営委員会)』のプロデューサー、A氏です。運営

    委員長は商学部2年の学生なのですが、常に二人で相談しながらミスコンの運営を主導しています」

     主催側の中心人物とも言えるA氏だが、実は慶大の学生ではない。A氏は40歳の会社経営者だ。伊藤忠商

    事、株式会社リクルートを経て、2007年に経営コンサルティングやPR動画制作などを請け負う会社を創業。最

    近では文化庁が主催するイベントの映像制作なども手がけている“社会人”なのだ。

    「クリエイティブな仕事をしている人なんだろうな、という印象です。高級そうな帽子やサングラスをしていて、服

    装もお洒落。SNSにも高級そうなお肉やお酒、海外での仕事の様子などを沢山載せていて、”成功者”という感じ

    です。

    既婚者で、奥さんも美人な方だそうです。A氏が慶應ミスコンに関わるときには『お金持ちのおじさんがミスコンの

    運営になるらしい』と学生の間で噂になりました」(ミスコン関係者)

     なぜ慶大生ではないA氏が慶應ミスコンに関わっているのか。

    その背景には、混迷を極める慶応ミスコン運営の内情がある。

    このページのトップヘ