ラグビー

ラグビーワールドカップ開幕まで1年を切り日本ラグビー界は認知度アップなど、成功への活動に頑張っていま

す。


今回の監督、ジェイミージョセフヘッドコーチのインタビューで度々、期待している選手と名前の挙がるのが福岡

賢樹
選。


現在の怪我の状態が心配ですが、ワールドカップではヒーローとして活躍しそうだなと期待が膨らみます。


そこで今回は、福岡堅樹の実家の父親医学部進学の噂についてまとめてみました。

福岡堅樹の実家や父親の職業は?

医学部進学の噂のある福岡堅樹選手。


ということは、実家の父親もお医者さんなのかなーと気になっちゃいました。


ということで、まずは福岡堅樹選手の経歴から紹介していきます。

名前:福岡賢樹(ふくおか けんき)
生年月日:1992年9月7日
出身地:福岡県古賀市
出身校:福岡高校→筑波大学
身長:175㎝
体重:83㎏
所属チーム:パナソニックワイルドナイツ
ポジション:ウイング(WTB)

福岡賢樹選手は、パナソニックとスーパーラグビーであるサンウルブズにも所属しています。


5歳の頃からラグビーを始め、福岡高校時代に全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に出場していま

す。


花園ってラグビー少年たちの憧れ!かっこいいですよねー。


そんな福岡賢樹選手の実家の家族がすごいんです。


実は、福岡賢樹選手の祖父は医師、父は歯科医なんだそうですよ。


なんという優秀な家族。


福岡賢樹選手も間違いなくそのDNAを引き継いでいるでしょうね。



そのうえ、ラグビーの才能あり、そしてものすごい俊足。


50m走5.8秒という超俊足、走り始めてからトップスピードにあっという間に乗ってしまいます。


抜き去った福岡賢樹選手に追いつくプレーヤーはなかなかいないとの評判です。


天は2物を与えずというのですが、与えられていますよね。


ラグビーの必需品のマウスピースですが、歯科医であるお父様が作っているそうです。


お父さんが作ってくれるマウスピースってめっちゃ安心して使えそう。笑


お父様も高校大学とラグビー選手だったそうです。


御家族の支えもあり、のびのびと勉強とスポーツに打ち込んできたのでしょうね。

本当に医学部進学するのか!?

福岡賢樹選手には医学部進学の噂があります。


現在、ラガーマンとして活躍しているのに医学部に?って思っちゃったのですが、この噂は本当でした!

福岡賢樹選手は福岡高校卒業後、大学は医学部進学を目指します。


医学部には現役時代と一浪時に受験しましたが、残念ながら失敗。


一浪時に同時に受験した筑波大学の情報学系の学部に合格し、筑波大学へ入学。ラグビー部に入部したそう

です。


福岡選手は、医学もラグビーも諦めたくなかった、その結論がもう1浪ではなく筑波大学への進学だったようで

す。


筑波大学ってだけで相当すごいんですけどー!


知り合いの子供がずっとラグビーをやっていますが、ラグビーで花園の大会まで出場して医学部を受験するって

かなり大変です。


ラグビーの練習って相当ハードで毎日クタクタになっちゃう上に受験勉強って相当な精神力がないと難しそう。


しかも、ただの大学受験じゃなくて医学部!


高校でラグビーをしていた人って推薦かAOで大学進学が多いです。


年末年始の花園まで出て、大学受験って勉強する時間がないですからね。


福岡選手、元々かなり優秀な方だと思います。


出身校である「福岡高校」は、なんと偏差値72


偏差値72って!花園にも出場していて、福岡選手、異次元すぎです。笑


そんな福岡選手、現在はラグビー選手として活躍していますが、医者になる夢は諦めていません。


なんと、福岡選手はラグビーワールドカップ、東京オリンピックが終わった後に、医学部を受験するそうです。驚

きですね。

東京オリンピック後には、福岡選手の活躍がもうみられないと思うと寂しいですが、頑張って医者になる夢を叶

えて欲しいです。


東京オリンピックの頃は、28歳になっている福岡賢樹選手。


選手としてのピークまでラグビーに打ち込み、その後医師への夢を叶えたい。


天から2物を与えられたが故の悩みや苦しみがあったのでしょうね。


そして結論としてこの道を選んだのでしょう。


羨ましいというか、憧れるというか、そんな懸命で、全力な生きざまは称賛に値しますよね。


まずは、来年のワールドカップ、そして、東京オリンピック、全力で応援したいと思います。