main


東京ディズニーランドは、『美女と野獣』をテーマにした新エリア「ニューファンタジーランド」を2020年4月15日に

オープンさせることを発表した。

「ファンタジーランド」を拡張して誕生する新エリア「ニューファンタジーランド」。エリア内には、『美女と野獣』のベ

ルの父モーリスの家「モーリスのコテージ」(ファストパス発券所)、ガストンの噴水やレストラン、ショップ、大型ア

トラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」、屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」などの施設

が並ぶ。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

森の方には『美女と野獣』の城がそびえ立つ。城内には、映画の名曲に合わせて踊るように動くライド「美女と野

獣“魔法のものがたり”」が。そして、城の奥には、東京ディズニーランド初となる本格的な屋内シアター「ファンタ

ジーランド・フォレストシアター」がある。ここでは、ミッキーマウスをはじめとするディズニーのキャラクターたちが

ライブパフォーマンスを披露する予定だ。

また、「ニューファンタジーランド」と同じタイミングで、『ベイマックス』の“ケア・ロボット”が引っ張るアトラクション

「ベイマックスのハッピーライド」やポップコーン専門ショップが「トゥモローランド」に、ミニーマウスと会えるキャラ

クターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」が「トゥーンタウン」にオープンする。

 
東京ディズニーランド史上最大となったこの開発は、総投資額約750億円、2017年4月の工事着手から約3年の

年月がかけられている。(編集部・梅山富美子)